講演内容(要旨)・プロフィール

チケットのご購入はこちらから

【講演】


工藤和俊 准教授

東京大学大学院

プロフィール

「人間の「五感」
 -身体・環境・起源を手掛かりに-」

生物の「感覚」は、身体や運動と不可分のものとしてあります。本講演では、「身体・環境・起源」というキーワードを手掛かりにして「見る」「聞く」「触れる」等の知覚-行為について考えるとともに、人間を含めた生物にとっての「歌」や「踊り」の意味について解説します。

Kazutoshi Kudo, Ph.D

Associate Professor
Graduate School of the University of Tokyo

Title

(Now construction)


チケットのご購入はこちらから

榎本美香 准教授

東京工科大学メディア学部

【プロフィール】

「言葉と物的世界をつなぐわたしの身体」

研究の目的は,人が物的世界と調和し,物理法則を上手く利用する身体技法を
習得していくやり方をモデル化することにある.水泳を例に,コーチが水の操
作方法を言葉や身体的手本として表象したものを,初心者である著者が自身の
身体運動と水との関係性として脱表象化していく過程を分析する.コーチの表
象の一つでも身体的に実践できた瞬間,それまでの様々な表象の相互連関性,
身体各部の運動の連動性と物的世界の様々な物理法則との関連性に開悟すると
いう体験を示す。そして、学習者の一人称視点とコーチの二人称視点からみた,
言葉による表象,身体感覚,身体運動,物的世界の関係に関する身体技法の習
得をモデル化する.

Mika Enomoto Ph.D

Associate Professor
School of Media Science
Tokyo University of Technology

My Body Connecting Language and the Physical World

The purpose of this research is to construct a model of how human beings harmonize with the material world and learn embodied skills in a way that makes good use of physical laws. Taking swimming as an example, I analyze the process in which I, who is a beginner of swimming, have acquired the relationship between physical moves and water, in which my coach, using words and physical demonstrations, has taught me how to manipulate water. Finally, I have reached a model on learning embodied skills which consists of the relationship between representations by words, somatic sensations, physical moves and the laws of the material world, found in the first-person’s views of myself as a learner and the second-person’s views of myself and the coach to the thoughts and somatic sensations of each other.


チケットのご購入はこちらから

【先行研究レビューと運動発達に関する基礎知識】


後藤未来 氏

ベビーウェアリングコンシェルジュ,理学療法士,
Ph.D(リハビリテーション科学)

「Tummy time(うつ伏せ時間)に関する先行研究の紹介
~抱っこ法と首すわりの関連への示唆~」

1992年に米国小児科学会が、乳児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome:以下SIDS)を予防するために乳幼児を“仰向け”に寝かせることを推奨したことにより、SIDSにたいする一定の効果があったものの、一方で頭蓋変形や運動発達の遅延などの消極的な結果が報告されていた。そこで、始まったのが『Back to Sleep, Tummy to Play』という啓蒙活動である。Tummy timeは頚部や体幹・肩甲帯周囲の筋を鍛えるのに有用で、乳児の運動発達を促進するといわれている。本発表ではTummy timeにおける効果を“縦抱っこ”においても同様に得られるか、という視点から先行研究を紹介し、抱っこに関する研究の現状についても触れたい。

Miku Goto 

Babywearing Concierge,
Physical Therapist,Ph.D(Rehabilitation Sciences)

Introduction to Previous Research on Tummy Time
~Implications for The Relationship Between Upright Holding a Baby and Head Control in Infants~

In 1992, the American Academy of Pediatrics recommended that infants be placed on their backs to prevent Sudden Infant Death Syndrome (SIDS). Although it was effective in preventing SIDS, negative effects such as cranial deformation and delayed motor development were reported. This led to an awareness campaign called ‘Back to Sleep, Tummy to Play’. “Tummy Time” is said to strengthen the muscles around the neck, trunk and shoulder girdle and to promote motor development in infants. In this presentation, we will introduce previous studies from the point of view of whether the effect of Tummy Time is also obtained in the ” upright holding” (holding a baby perpendicular to the gravity axis) and discuss the current state of research on carrying infants.